スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想外

お世話になった山岳診療所。
下山するときにお礼を言おうと思いつつ、できずに下山。

下りだけなので、前日の不調はウソのようで、無事同じパーティーと一緒に3日前に集合した駅に降り立てたことの報告も兼ねて、はがきを出そうかと住所の確認のために、何気なく、山小屋のHPを開け、更に外部リンクの診療所のHPを訪問。

掲示板の欄があり、関係者だけの書き込みかとスクロールするとやはりお礼の書き込みも。
で真似して書いてみた。

今までの書き込みにはほとんどレスもなく。

昨日何気なく殆ど期待もせずに掲示板開けてみるとなんとレスが付いている。
よほど印象に残ったのか、若しくは山岳診療所のボランティアが初だったのか。

医学部の6年だった。

その掲示板の下の方をスクロールすると以前勤めていた病院の院長の次男らしき書き込みもあった。
学校も同じだし、そういえば山岳部だったかも知れない。

もう20年以上も前のことで記憶も薄らいでいるけど。
姓も名前も一致、字も。

そんなことをその医学生に知らせたい気もして来た。



掲示板のレス

こんにちは。返信が遅れて申し訳ありません。
7月〇日に診療所に滞在した〇〇(部員)です。

大変調子を崩されていた様子なので心配していましたが、点滴を受けて回復されたということで安心しました。

診療所に訪れた患者さんが無事下山することが出来たということが、私たち診療所スタッフにとって何よりも嬉しいことです。


〇〇市からやって来たということで、本当にお疲れ様でした。
今後もお体に気を付けて山に登って下さいね。

〇〇 〇平
医学部6年

スポンサーサイト

コメント

Secret

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
リンク
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。