スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚息が切れた

ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
またやってしまった。

愚娘に付き合って、買い物をしている間に、老親がキッチンに入ったようで、それを見咎めて、愚息が切れて、ドアをゲンコツで叩き、もしかしたら骨が折れているかもと。

あ~自分の責任なんだけど、まさかキッチンの入口に椅子を置き、椅子の背もたれの桟みたいな間に床用掃除の柄を挟んで通れないようにしてあったのに、それを外してキッチンに入ったよう。

パンを包丁で切ってあった。

愚息は老親の普段の不衛生を見ているので、気持ち悪くて、食べるものがないと。
冷蔵庫も開けてない保証はないから、いつも飲んでいるペットボトルのお茶もアイスコーヒーも飲めない。
明日仕事なのに、あ~~~~どうかなりそう~~~と。

あちこち蹴飛ばし、洗濯機も壊しかねない勢い。

流石に愚娘が出てきて、あ~だこ~だ。
「お姉ちゃんは普段を知らないから、話にならない」

テーブルの上の食べ物がジャージャー麺で食べられなかったのか、食べたことがないものだったのか。
パンでもなんでも留守をするときはありったけの食糧を置いておかないと酷いことになる。

明日ラティスみたいなのを買ってこなきゃ。
椅子とモップの柄で今まで何とかなっていたのに、自分がいないととんでもないことになる。
スポンサーサイト

コメント

Secret

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
リンク
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。