スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常念岳

スマホで済むので、なかなかPC開けない。
タブレットなら開ける?

今年2回目の登山。
2年前に悪天候で常念小屋に泊まっておきながら行けなかった常念岳。
日程があったので行ってきた。
みんなにリベンジ?って言われたけど。

2年前は悪天候で行けなくて自分的には良かった。
だって燕、大天井、常念と縦走して、常念小屋を前に段々と皆から遅れ、最後軽い脱水症をおこして、山岳診療所のお世話になったのだから、自分だけ行けないのではなく他の人も行けなかったのは正直ほっとしたし。

今回は常念だけだし、2年前の縦走ほどきつくはないだろうと思ったけど、結構。。
高山病の一つなのか、お腹空いて、頭の中では食欲あるのだけど、いざ、食事を前にすると全く箸が動かない。

気持ち悪いとか吐き気とか頭痛とか全くないんだけど。

1日目は朝7時30分新宿を出発。
10時44分に穂高に着き、タクシー(大型)で一ノ沢登山口まで。

途中雨もあり、新調したレインウエア袖を通すことに。
上がってレインウエア脱ぎましょう、と言われ、脱いだころから汗が冷えてお腹が痛くなってきた。

女性ガイドだったら御花摘みさせてくれるけど、男性ガイドで休憩は水分補給のみ。
集中力に欠けると思い、班から離れ、後続の随分と遅れているらしい添乗員と一緒の人との中間で一人御花摘み。
スリル満点。

胃腸障害も高山病の一つらしいので、最近の食べられなくなる、あ、以前からか、こういう症状は高山病かもしれない。

1日目の夕飯、プチトマトと千切りキャベツを少しとたくあん少し、ご飯一口くらい。
同じテーブルの人たちはみんな殆ど完食していた。

部屋に戻り、とにかく横になりたかった。
同じツアーの人たち、全部で18名、男性7名、女性11名。
2人だけお友達できていたけど、あとは全部一人参加だって。

で添乗員とガイドさんは別の部屋だけど、ツアー18名、男女の別もなく同じ部屋に押し込まれた。
布団は富士山並みの2人1組の布団。

2日目は4時集合、朝食前に頂上アタックの計画。
3時ころから皆起きだしている感じ。

日の出前の暗い中、頂上目指して、ヘッドランプをつけて。
先を行く人たちのライトが見えて、これも富士山並み。

頂上は?
最高!!

槍さまも見えました。
この景色のために毎回頑張って登山。

頑張ったご褒美をもらえた。

帰りも長い。
登山口まで戻った時に添乗員さんが言っていたけど、頂上からは1500m下山したことになるって。

朝食も全然食べられなくて、お風呂のあとのお蕎麦楽しみにしていたのに、2時半がラストオーダーって。
で食べられず。

お風呂を出発するとき、添乗員さんに一言申し上げたら、穂高に着いて、真っ先に、
「あそこに立ち食いソバやさんがあるから食べてきて」

同じように食べ損ねた人たちと、立ち食いソバやさんへ。
冷やしわさびそば、美味しかった~

行のタクシーではし~~んとしていたのに、帰りは同じ人かって思うぐらい大盛り上がり。
ツアーって面白い。

今回も最高の山旅だった。


20150823_051913_convert_20150830155402.jpg
常念の頂上からの槍さま、最初はとがった先っぽだけだったのが、段々雲が下がって。。


20150823_052141_convert_20150830160342.jpg
よくわかんないけど、ご来光、頂上で先に行ったグループの人が、ブロッケン現象が見えると教えてくれたけど、これも場所が悪いのか、背が足りないのか、よくわからず。
スポンサーサイト

コメント

Secret

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
リンク
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。