スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうだった?

とはなかなか聞けず。

愚息の第2種電気工事士の試験の事だけど。

去年から受けなきゃだったのだけど、準備不足で秋にする、と言っていたけど、変更の期間も過ぎていて、じゃあ、今年になった。
3月~5月は忙しいので、しょっぱなから秋の下期に受けると。

合格率は低いので、何回も受けなくてはいけないんだろうと思っていて、試験日は土曜日。
帰って来ても
「どうだった?」とは聞けない。

でも何となく機嫌がいい。

今日になって、
「これ見て」
『何?、見てもわかんない』

「回答が出てるけど、自己採点したら、これだった」

『何点で合格?』
「60点」

自己採点の点数は60点を越えていた。

『凄いじゃん』
久し振りに褒ることができた。

実地試験の方が合格率は低いらしく、まだ合格と分かったわけではないけど、何となく合格した気分。

愚娘も頑張ってるし、自分も頑張らなきゃ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
リンク
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。